奈良紅葉オフ会 「三都物語」で♪

奈良紅葉オフが続きます。
まだ紅葉シーンがたくさんあるのですが(滋賀編もあるし)
紅葉は~もうお腹がいっぱいという方も あと少しお付き合いください。

今回は谷村新司さんの「三都物語」の歌詞で
大仏池~二月堂~手向山八幡宮
そして若草山~水谷茶屋の散策模様を二回に続けてお届けしたいと思います♪
歌詞の横に旅のご案内をつけておりますのでお楽しみください♪

胸騒ぎの旅は いま始まって                      大仏池    
b0055171_13322736.jpg


時に 流れのままに 心遊ばせ                    池のほとりで  
b0055171_123035.jpg


この私は 誰を訪ねることのなく                    大銀杏から
b0055171_13334917.jpg


まるで 詩人のように 景色に染まって                絵を描く人                
b0055171_1233039.jpg


あぁ なんて 街  それぞれ美しいの                 二月堂
b0055171_13283843.jpg


あぁ なんて 人  それぞれ生きてるの                線香の煙に
b0055171_13261522.jpg


昨日今日明日                                手向八幡宮にて 
b0055171_13293835.jpg


変わりゆく私
b0055171_13295495.jpg


紅く色づくときめきを 
b0055171_13302564.jpg


誰に告げましょう                               J氏モデル
b0055171_13383789.jpg


古都奈良の紅葉シーン いかがでしょうか。
目に映る景色は~心に沁みて和の優しさに触れるものとなりました
b0055171_13264961.jpg


続けて2番の歌詞でお楽しみください^^
コメントは次でお願いします。

by biwahama | 2013-12-09 13:42 | オフ会 | Trackback(1)  

トラックバックURL : https://biwahama.exblog.jp/tb/21610454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 模糊の旅人ex at 2013-12-09 17:20
タイトル : 手向山八幡宮から茶屋へ ~奈良撮影オフ会(9)
奈良撮影オフ会シリーズも終盤です。 今日はラス前ということで、手向山八幡宮を主にして、ちょっと端折ってお送りします。 百人一首で詠まれた手向山八幡宮の紅葉は圧巻でした。 まさに「このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」ですね。 手向山八幡宮は、東大寺及び大仏を建立するにあたり宇佐八幡宮より東大寺の鎮護・守護神として勧請されたものです。八幡宮からの分社第一号で、749年のことですから、はるかなる歴史の重みを感じますね。 それでは、まずは手向山八幡宮を7枚ご覧くだ...... more

<< 奈良紅葉オフ会 「三都物語」2編♪ 孫と楽しむ京の紅葉 広隆寺 >>